スクリプトを自作アプリに組み込む

ども、Norimakiです。

今回はPascal Script for Delphiについてです。
今回も備忘録になりそうですので興味のない方はスルーの方向で。

以前から、自作ツールにスクリプト機能を追加したい
ということを言っていまして、それに役立つのが、
Pascal Script for Delphiということで導入を決めました。

で、基本的な機能はデフォルトとしてクラスで実装するとして、
ツール固有の機能をスクリプトで実現するにはどうすればよいか。
という点を考えてみました。

ツール固有の機能をスクリプトで操作する場合、
基本機能を持つクラス自体にその機能を追加するということは
できません。

その理由は、もし基本的な機能を持ったクラスに
ツール固有の機能を追加してしまったら、そのクラスを
他のツールで使い回すということができなくなるからです。

では、

アプリケーションごとに基本機能を持つクラスを継承するか?

それはそれでひとつの案ですが個人的に使いたくない手法です。
面倒くさい&良く分からないってのが一番の理由です。

で、具体的には何が問題になるかって言うと、
ツール固有の関数等の登録部分が別途必要になる
ってことなんですね。

そこでこれ(↓)。
Pascal Script for Delphiでわかってきたこと。

ここでも書いたんですが、関数などを追加する場合は、
OnCompileイベントと、OnExecuteイベントでそれぞれ
必要事項を登録してあげる必要があります。

だったら、ツール固有の機能は基本機能を持ったクラスの
登録部分にちょっとだけ手を加えてあげればいいんじゃないかと。
そう思ったわけです。

基本機能を持ったクラスに、ツール固有の関数を登録する
際に呼ばれるイベントを予め登録しておいて、
OnCompileイベントと、OnExecuteイベントで
それぞれのイベントを呼んで関数等を登録すると。

コレでいいんじゃないかと。

ではでは。
Norimakiでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする