Pascal Script for Delphiって色々と出来るのね

ども、Norimakiです。

Pascal Script for Delphiについての続報です。
Pascal Script for Delphiってクラスの生成とかもできるんですよね。

まんまDelphiじゃん。

とか思ったりしました。

コンポーネントも動的に生成できたりするわけです。

var Btn:TButton;
begin
 Btn:=TButton.Create(Form1);
 Btn.parent:=Form1;
 Btn.visible:=True;
 //Btn.Free;
end.

なんて書いたりすると、ボタンコンポーネントが作れちゃう。

で、作成したボタンコンポーネントにイベントも設定できるわけです。

procedure XXXXOnClick(Sender:TObject);
begin
 //何らかの処理
end;

var Btn:TButton;
begin
 Btn:=TButton.Create(Form1);
 Btn.parent:=Form1;
 Btn.visible:=True;
 btn.OnClick:=@XXXXOnClick;
end.

なんてすると、OnClickイベントを設定することもできます。

どこまでDelphiチックなんでしょうか?
これはソースを追っかけてみる必要があるかもしれません。

ではでは。
Norimakiでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする