タグによるセクションの除去

セクションタグの列挙の続きです。

まずはソースから。

 
これは以下のようなテキスト(Src)があった時に、
引数のタグリスト(TagList)にタグTagBを指定して呼び出すと、
ContentsA
を取得して戻る。

という関数です。

タグリストは文字通り複数のタグを指定できます。
その際は改行文字で区切ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする