ソフトウェア企画室

ソフトウェア企画室

ここでは製作に着手してはいないものの、作ってみたいなというアイディアが沸き上がってきているソフトウェアの企画について書いていきます。

開発に着手するにはある程度、具体的な姿が見えてこないと難しいわけで、そこらへんがハッキリしてきたら開発に着手しようかと思っています。

RSS Reciever

今や時代遅れかと思われるRSSリーダーソフトです。

通常のRSSリーダーは色々なサイトの情報を収集するために利用しますが、このRSS Recieverは基本的に自サイトのサイト情報の収集に使用します。

まぁアフィリエイター向けのソフトウェアになります。

最終更新から何日経ったのか。という情報を知るのが基本的な使い方になります。

そのほかにもRSSリーダーならではの使い方を知って機能を組み込んでいきたいと思いますが、現時点ではサイト管理ツールの側面を持ったRSSリーダーというものを想定しています。

Album Maker

今までにデジカメなどで撮影した画像やスクリーンキャプチャした画像を管理して、そしてそれらをHTMLファイルで書き出してブラウザで閲覧できるようにするソフトです。画像管理としては基本的には画像にタグ付けすることにより分類します。

各画像による付加情報で情報管理をしようと試みたソフトウェアになります。

現時点では開発に着手しているのですが、詰め込みすぎな感じが出てきたので一旦企画室預かりに降格。

HTMLTagAnalyzer

HTMLのタグを解析するソフトウェアです。

今更感が強いソフトウェアですが、独自のスクリプトを組み合わせて何かできないかと検討中のソフトウェアです。

TextDeco

テキストデータをベースにブラウザ部品を使用して一部分を非表示にしたり、強調文字にしたりと修飾するためのソフトウェアです。

メールマガジンを大量に購読している管理人は溜まりに溜まったメルマガに困り果て、おいしいところだけつまみ食いできないかと。

そう思って開発を企画しているものになります。

メルマガってお決まりの部分とかありますよね。ヘッダとかフッタとか広告とか。そういった部分を非表示にしたりしたいなと。

そうすると実際の本文なんてほんのちょっとしかなかったりすることが分かったり。

また、条件を変えて表示・非表示の部分を変えられるようにするとデータベース的な使い方もできるのではないかと。

そう思ったりするのです。

楽譜入力効率化ソフト(仮)

管理人、SynthesizerVという歌声合成ソフトウェアを持っておりまして、PCに歌わせたいと思っておるわけです。

自分で作曲はできないもののPCに歌ってもらうことはできる状況であると。

オケはカバー元の作曲者さんが「そのもの」を用意してくれている場合が多いので、それを使わせてもらうとして歌声はこちらで用意する必要があると。

歌詞の入力は普通に文字入力なので、歌詞サイトあるいはカバー元の作曲者さんが用意してくれているものを参考に入力すれば問題はないかと思っています。

楽譜はYouTubeで楽譜付きの動画を上げてくれている人たちがいるのでそれを参考に楽譜は入手できるだろうと。

問題はその楽譜をSynthesizerVに入力することなんですね。

マウスでちまちまとピアノロールにクリッククリック。というのはちょいと疲れるのでは?と。だったらもっと効率的に楽譜を入力できないかと。

ということでテンキーを利用して楽譜入力ができないかと検討中です。

SynthesizerVはMIDIデータファイルを読み込むことができるのですが、管理人の知識ではMIDIファイルを作ることは現時点では不可能なので、変換してくれるソフトウェアを嚙ませる予定です。

ソフトウェア開発へ移行したもの

ポップアップスクリプター

※)ある程度、開発の目途がついたので開発開始です。

起動するとポップアップメニューが表示されて、メニューを選択するとスクリプトが実行されるという単純なソフトウェアです。

起動はマウスジェスチャソフトやランチャソフトなどで行うことを想定しています。

パラメータにスクリプトファイル名を設定することで複数のジェスチャに対応可能予定。

ポップアップメニューは動的に作成するため、ソフトウェア起動時の状況に合わせてメニューの作成が可能。

【仕様】
・パラメータをつけないで起動すれば設定画面の表示
・パラメータをつけて起動した場合、そのパラメータが
  ファイル名であれば ⇒ スクリプトを読み込んで実行(登録はせず)。
  それ以外であれば  ⇒ 対応する登録済みのスクリプトを実行。
             ※なければ何もしない か エラーを表示
 ※これらのスクリプトでポップアップメニューを作成・表示する。

・その後、表示されたメニューをクリックすることで、そのメニューに対応したスクリプトを実行
・で、終了。

仕様変更しました。

ツールは起動後メニュークリックで終了する仕様でしたが、常駐するように変更しました。

【スクリプトの登録】
・スクリプトを登録する場合の登録項目
 ・スクリプト呼び出し名
 ・スクリプト名
 ・スクリプトの説明
 ・バージョン
 ・スクリプト本体
 ・パラメータリスト
とりあえずこんな感じ。

ボツ企画へと降格したもの

Hotkey Reciever

ポップアップスクリプターと統合するとより良いPC環境が作れるであろうということで統合することにしました。

(以下、開発時のコメント)

ショートカットキーとホットキーの違いはアプリケーションがアクティブでない場合でも機能するのがホットキー、アプリケーションがアクティブの時のみ機能するのがショートカットキーと記憶しています。

ということで、ホットキー入力を受けるソフトウェアです。

ホットキーをトリガーとしてスクリプトを使用することで何らかの処理を行う。ということを目的としたソフトウェアです。

ホットキーは直接キーボードからの入力という方法もありますし、マウスジェスチャでホットキーを入力できるものもあるかもしれません。

あるいはHidKeySequenceなどのソフトを使ってデバイスを追加してデバイスごとにショートカットを割り当てて専用のデバイスに仕立てるという方法もありますね。

また、このソフトウェアではスクリプトを使用してユーザーインターフェースを構築できるようにしようと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする